封筒印刷

封筒印刷に重要なデータ作り

赤いローラー

封筒印刷を業者に依頼する際に必ず必要となるのが、封筒に印刷する会社名や会社のロゴ、マスコットキャラクターなどのデータです。これらをどのように印刷するかで、オリジナル封筒の出来栄えが変わってくるのですが、その大元になるのがこのデータです。封筒印刷においてこのデータを送ることを入稿といいます。入稿の際には気をつけなくてはならないことがいくつかあります。その中でも特に重要なのが、封筒印刷業者が指定している入稿方法を必ず守るという点です。業者によっては使用するソフトのバージョンも指定する事があります。
その際、そのバージョンよりも古いもので作成してしまうと、入稿してもそのデータが使えないという結果を招くことも。スムーズに入稿作業が進まないと、修正をして再び入稿をしなくてはならず、余計な時間が掛かって納期に間に合わなくなる可能性もあります。こうした入稿の際のトラブルを防ぐためにも、入稿に自信がないという方はテンプレートを利用すると良いでしょう。それぞれの封筒印刷業者では、テンプレートをいくつか用意しています。これにそって作成をしていくと、入稿時にデータが使えないというトラブルも避けられます。また出来上がりのイメージもできるのでお勧めです。

イチオシ記事